わずか9歳で癌と戦うある少女が母親に言った一言が全世界を感動させました。

オンラインメディアのアジア員は先月、

ガンが再発した中国出身の9歳の少女ジェラー

(Zelle)の話を紹介しました。

過去2年間に渡ってガンと戦ってきた

ジェラーは2018年1月にガンが再発し、

一ヶ月で集中治療室を4回も出入りしました。

ジェラーは2016年4月、

7歳の時に初めて白血病を診断されました。

そんな少女は・・・

その後にジェラーは急激に弱くなり、

彼女の両親は病気の娘を生かす方法を

見つけ続けていました。

ジェラーの親はリスクがあるにも関わらず

子供のために骨髄移植手術を行ったそうです。

幸いなことに、成功した骨髄移植手術を終えた

ジェラシーは健康を徐々に取り戻して退院をしました。

闘病生活をしていた少女だったなんて

分からないほど健康になったジェラーは同い年の

子供たちのように平凡な生活を始めました。

楽しい日々に戻れたと思ったのにね・・・

 

次ページへ続きます



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です