女子中学生5人が手を繋いで飛び降り自殺

ゴールデンウイーク明けの

2016年5月9日、

東急大井町線荏原町駅で

13歳の女子中学生2人が手を繋いで

急行電車に飛び込み死亡した事件は

多くの人に衝撃を与えました。

女子中学生のカバンの中からは

「人間関係に悩みがある。死にたい」

などと書かれた遺書と見られる

手書きのメモが見つかっています。

どちらかの生徒が人間関係に悩み、

もう一人の生徒が共感して

自殺に至ったものとみられています。

この事件では54人の女子高生が

新宿駅で手を繋いで

飛び込み自殺をするシーンから始まる

2002年公開の映画「自殺サークル」

を思い出した方もいるようです。

通常の神経なら飛び降り自殺など

怖くてとても実行に移せません。

しかし、過去には複数例、

少女が高所から飛び降り、

または電車への飛び込みで

自殺を図った実例があり、

その中でも日本至上最悪と

言われている飛び降り自殺があります。

 

次ページへ続きます



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です