893の母にオレオレ詐欺をした半グレ組織の末路

私が某893組織に籍を置いていたのは

10年ちょっと前の話。

組織といっても地方の弱小組織で

本部はもとより、直参の2つの事務所も

他団体が進出しないであろう

隙間産業的な場所としのぎで暗躍していた。

そして私がカタギに戻った数年前の春に

ある事件が起こる。

その日は私の10歳上、40歳の兄貴分と二人で

当番で事務所に詰めていて、

帰宅前の昼頃に昼食をとっていたのだが

1階にいた住み込みの若い衆がバタバタと

2階に駆け上がってきて

「◯川さん(兄貴分)、母上らしき方が

事務所に上げろとおっしゃっておりますが」

えええ?

兄貴の母ちゃん?

私は正直ありえない展開に興奮!

兄貴分

「まてや?うちのおかんが

来わけないだろうが。

俺の名前言ったんか?」

さすがに普通は来るはずがないのだが

これを面白がって見ていたのが

ちょくちょく麻雀をしにくる

商工会の堅気さんを待っていた幹部。

「◯川の母ちゃんならワシも一目挨拶くらいは

させてもらわにゃのう、あははっははぁあ」

兄貴分は幹部に

ちょっかいを出されて

メンツを潰されるのが嫌だったのか

急いで階段を駆け下り

私は何かババアを使った嫌がらせかと思い

兄貴分の後を追ったが、

部屋を出る寸前に雀卓付近に

目をやると幹部が立ち上がっていた。

これは本当に母ちゃんなら

面白いことになるぞと

ワクワクしながら扉付近 へ。

するとババア

「あんた上にあげろ言ってんのに

恥ずかしいだろう

ヤクザ事務所にずっと突っ立たせてからにー

バカじゃないかいね?」

なに、バカだと!?

このババアは一体・・・

 

次ページへ続きます



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です