火垂るの墓とは?

火垂るの墓は野坂昭如の短編小説。

野坂自身の戦争原体験を題材した作品です。

兵庫県神戸市と西宮市近郊を舞台に戦火の下、

親を亡くした14歳の兄と4歳の妹が

終戦前後の混乱の中を必死で

生き抜こうとするが、その思いも叶わずに

栄養失調で悲劇的な死を迎えていく姿を描いた物語。

火垂るの墓のポスターの光は

蛍だけじゃなかった。

 

次ページへ続きます


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です