住所に入っていたら危険すぎる漢字リスト

地名の由来には様々なものがあります。

その土地の地形、生息する動植物をはじめ、

神社や寺、幕府や藩の行政機関

ある職業の人が住んでいた場所、

そして出来事など。

また、地名には地理歴史が詰まっています。

河川の氾濫、地すべり、土砂崩れなどが

あった場所には、それぞれよく

使われる言葉(読み)があります。

例えば「リュウ」(=竜・龍)は語源が

「流」にある場合があり、

土石流や川の氾濫があった

場所である可能性があります。

そういう場所には先人が災害を示唆する

地名をつけていることが多いです。

つまり地名を知れば災厄を予見し、

我が身を守ることもできるそうです。

また、表面的にはその危険性がまったく

わからなくなってしまっている土地もある。

 

次ページへ続きます


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です