謎の白い液体

小学生の頃気分屋というか

気性が激しいというか

とにかく面倒臭い子だった自分。

宿題も気分がのれば

ささっと終わらせるけど

のらなければダラダラ~としてた。

そんな時母親に

「仕方ないからこれを飲みなさい」

謎の白い液体を出された。

母いわく

「元気が出る薬」

近所に住んでる

知恵袋的なお婆ちゃん

(顔馴染み)がくれたというもの

「これ飲んだらやる気が

出てなんでもできる」

と言われて

すごい!と思って飲んだ。

本当にやる気がみなぎってきて

何もかもささっと終わった。

 

次ページへ続きます



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です