高三の時に黒髪ロングで

俺好みのかなり可愛い子の隣になったんだ。

そして忘れもしない

バレンタイン一週間ほど前の

数学の授業。

その日は朝から雪が降っていて

暖房がガンガンかかっていた。

ちょうど俺とその子の席は空調と近すぎず

遠すぎずの距離でかなり快適だった。

俺は何の気なしに、横を見たんだ。

そしたらその子がうつらうつらしてた。

鼻にリップクリーム刺しながら。

後から聞けば、彼女は退屈な授業を

受けながら、肘着着いて

リップクリーム塗ろうとしたらしい。

しかし、快適な環境が仇となり

うつらうつらして鼻にズボッ、となったらしい。

ただ、問題が発生した。。。。

 

次ページへ続きます


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です