もう6年、月日が流れた。

高校の時に付き合っていた彼女がいた。

俺は難聴で、その頃まで

「めんどくさい」

とか

「カラオケ行けないじゃん」

とかで、振られたりすることが多く、

恋愛はしたくないって思ってたんだ。

だから、彼女が出来て凄く楽しかった。

もう毎日毎日一緒にいたよ。

彼女は俺の為に手話を覚えてくれたり、

筆談する為に、常にメモ帳と

ペンを携帯してくれてた。

やってくれと言わなくても察してくれて

気遣いがあり、俺なんかには

もったいないと思ってた。

カラオケも、音痴だけど

採点見ながら一緒に歌った。

音痴なのに、笑わなかった。

バカにしなかった。

やがて俺は高卒で就職し、彼女は進学も

就職もせず地元にいると言った。

就職してから半年後、彼女はいきなり

神奈川に引越す事になると言った。

遠距離は辛いから別れようと言われた。

俺は遠距離でもいい。

仕事頑張って休みに会いに行くと

約束し、交際は続けていた。

当時は北海道にいて、仕事は引越作業だったから、

休みは不定期で決まった休みはない。

前日にいきなり休みが分かる感じ。

それでも、仕事で移動中や休みはメールして、

毎日「おはよう」「お休み」って

やり取りしてたんだ。

そのまま神奈川に行く事も出来なかったけど、

彼女から元気な様子や、笑顔の写メを

毎月貰い見て頑張ってた。

別れてから2年後。

いきなり連絡が来なくなった。

何故だ?どうして?

と思ったけど場所が分からないし、

仕事も簡単に休みは貰えない。

連絡取れなくなって3ヶ月後、

彼女の名前でメールが来た。

彼女の母親だった。

 

次ページへ続きます



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です