神奈川県寒川町の町議が、

2017年に男子中学生をひき逃げし、

その場を立ち去った疑いがあるとして

この男を書類送検することが明らかになっています。

さらに、過去にはもっと酷い事故を

起こしていたことも判明しています。

事件の概要

神奈川県寒川町の町議が

ひき逃げをした疑いで、

警察は書類送検する方針を明らかにしています。

事件は昨年起こっていたのですが、

一体どのようなものだったのでしょうか?

警察によると、寒川町の斎藤恒雄町議は

去年12月、茅ヶ崎市の路上で

軽自動車を運転中、横断歩道を渡っていた

男子中学生に衝突し、救護せず

走り去った疑いがもたれている。

町議は被害者に

「君が赤だったよな?大丈夫か」

などと話しかけて走り去ったということだが、

目撃証言などから、

当時、斎藤町議が信号無視していたとわかった。

斎藤恒雄町議「(被害者に)

『大丈夫ですよ』と言われたんで、

その場を離れてしまったのが、

免許を持つ者の義務を怠ったことが

自分自身悔いてならない。

警察は近く、過失運転致傷などの容疑で

書類送検する方針。

被害者の男子中学生を引いた際には、

自らを正当化するような発言をし

その場かた立ち去っている斎藤町議…。

町議という立場なら真っ先に

救護するべきだと思うのですが、

当時の目撃者の証言では赤信号を無視し

斎藤町議が交差点に侵入していたと言われています。

といことは本人も信号無視を

したという自覚があり、

その場を立ち去ったとうことになるのですが、

轢かれた男子中学生が重傷を追っていた

場合でも同じことをしていたのでしょうか?

斎藤恒雄町議の顔画像・プロフィール

ひき逃げの疑いで書類送検

されるようになった斎藤町議の

顔画像がニュースの映像にありました。

しかし、この町議はどのような人物なのでしょうか?

そのことが気になり調べてみました。

 

次ページへ続きます



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です